社会不適合者に向いている職業は?社会不適合者の特徴も解説!

この記事はこんな方にオススメ
  • 社会不適合者として働ける仕事を知りたい方
  • 社会不適合者の特徴を知りたい方

会社に行くのが苦痛でたまらない方や、そもそも仕事が続かない方は、このまま社会で生き抜いていけるのか、不安になることも多いはず。

しかし、現代は、社会不適合者でも生きていけると筆者は思っています。

なぜなら今は、組織に縛られなくとも生きていける時代」だからです。

会社などという組織に属さなくても、自分自身の力で稼いでいる人が増えました。

そこで今回は、社会不適合者の特徴を中心に解説します。

ぜひ最後までご覧いただき、みなさんが楽に生きるためのヒントにしていただけると幸いです。

目次

社会不適合者の特徴

「社会不適合者」というはパワーワードですが、組織になじめないと感じている人も多いはず。そんな社会不適合の特徴は以下のとおりです。

  • 協調性に欠けている
  • 会社での業務が無意味だと感じる
  • 自分の都合を優先したい
  • 注意されるのが苦手
  • ルールを守れない

協調性に欠けている

全く協調性が無いというわけではなく、若干協調性に欠けている方も、もしかしたら社会不適合かもしれません。

周りの人に合わせることができても、家に帰るとかなり疲れが溜まっているということはありませんか?

また、いつも誰かと一緒に過ごせる人や、遅くまで付き合わされる飲み会に嫌な顔せず参加できる人を、ただただ「すごいな…」と感じるかもしれません。

自分の時間をしっかりと確保したい人ほど、周りに合わせる時間がもったいないと思ってしまうのです。

しかし、それは決して悪いことではありません。

人と一緒にいることに幸せを感じる人もいれば、そうでない人もいる。

どちらが優れているということはなく、どちらも大切な時間ということには変わりありません。

会社での業務が無意味だと感じる

会社で行われる報連相や、頻繁に行われる会議。

そして毎日のように行われる朝礼など挙げたらキリがありませんが、会社での業務が無意味だと感じている方は、社会不適合かもしれません。

会社での業務が無意味だと感じていたとしても、淡々と業務をこなすことができる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、心の中では不満が溜まり続けてしまいます。

不満が溜まり続けた結果、急に「会社に行きたくない」と突然精神を病む場合があるため、自分の感情にはしっかりと向き合う必要があります。

自分の都合を優先したい

仕事よりも自分の都合を優先する方は、社会不適合の可能性があります。

誰しもが、仕事が残っているにもかかわらず、定時で帰ったり有休を取りたいと思ったことがあるはずです。

周りからいい顔をされなかったとしても、お構いなしに帰ることができる方は社会不適合者の素質を持っています。

昨今では、働き方改革が進む中で、自分の都合より仕事を優先する人は減りました。

もちろん、自分の都合を優先する方が全て社会不適合者であるとは言いませんが、自分の仕事が終わっていない場合や、明らかに手伝わなければならない仕事がある場合にもかかわらず、自分の都合を優先する方は社会不適合者かもしれません。

注意されるのが苦手

上司や先輩から注意されるのが苦手という方は、社会不適合の可能性があります。

注意されてしまったことをずっと頭の中で考え、一日中反省してしまうのです。

怒られたり注意されたことを必要以上に気にしてしまう方は、近くに上司がいると委縮してしまい、パフォーマンスが下がってしまいます。

一度怒られると、負のループが続いてしまい、職を転々とする方も多いのではないでしょうか。

ルールを守れない

会社に属していると、必ずルールが存在します。

しかし、会社のルールが守れないという方が一定数存在します。

本人からしたら、「これくらい大丈夫でしょ」と高をくくっているかもしれませんが、会社としては損失を防ぐために作られたルールです。

ルールを守らない人は会社から守られなくなってしまうので、十分注意してくださいね。

自分中心に動きたい人は社会不適合者かも?

ぷしゅこ

ここまで、社会不適合者の特徴を紹介してきました。
こちらを読んでいただいてお分かりいただけたかと思いますが、自分中心に行動したい人は、社会不適合者の傾向が強いです。

これだけ聞くと、自己中心的な人間だと批判的な考えを持ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、これは決して悪いことではありません。

そもそも仕事をするのは、自分の人生を豊かにするためにあるものです。

そのため、プライベートを犠牲にしてまでやる必要のある仕事など存在しません。

お金を稼ぐ手段は、他にいくらでもあるのです。

無理に改善しようとしなくて大丈夫!

自分は社会不適合者なのではないか…と疑いを持ち始めると、これから生きていけるか非常に心配になりますよね。

しかし、それを受け入れてしまうことで、人生が大きく開けるのです。

社会不適合者でないと、気付けない観点があります。

社会不適合者でないと、できない仕事があります。

ありのままの自分を受け入れることができれば、あとは自由な生き方をするための行動をするだけです。

では、社会不適合者に合った働き方とは、どんなものがあるのでしょうか?

社会不適合者に合った働き方

社会不適合者が生きていく道は、主に以下の2つだと思っています。

  • フリーランスになる
  • 起業する

フリーランスになる

フリーランスは、自分で仕事を受注して、成果物を納品する仕事が多く、人や時間に縛られることなく、マイペースに仕事ができるのが特徴です

会社での余計な人間関係が苦痛だった方や、自分のやり方に文句を言われたくないという方は向いています。

働く場所や時間も自由なので、仕事以外の余計なことでストレスをためることは少ないです。

フリーランスと一口に言っても、様々な職種があることを覚えておきましょう!

フリーランスの職種
  • エンジニア
  • デザイナー
  • ITコンサルタント
  • カメラマン
  • ユーチューバー
  • インスタグラマー
  • ブロガー
  • 動画編集者

代表的な職種を一覧にしましたが、これはまだまだ一部でしかありません。

フリーランスとして活動できる職種は、想像以上に沢山あるので、自分に合うものを見つけましょう!

起業する

会社や時間に縛られたくない!という方は、自分自身で起業してみることをおすすめします。

あなた自身が会社の舵取りをするのです。

しかし、「企業」と一口に言っても、従業員を雇わない会社も存在します。

大勢の従業員を従えるのは不安という方は、自分一人で会社を立ち上げるという選択肢もあることを頭に入れておきましょう。

ただし、法人の場合は税金などにも注意が必要なため、あらかじめ情報収集が必要になります。

働き方が多様な現代では社会不適合者が多い

近年、働き方が非常に多様化してきました。

リモートワークの導入で、毎日自宅で仕事をしている人もいます。

また、1人1人が発信できる時代になったため、自分の好きなことを活かした仕事をしている人が増えました。

これまでの時代は、組織に属さなければ稼げませんでしたが、これからの時代は違います。

会社という組織に属さなくても、誰かに雇われなくても、自分自身のスキルを活かしてお金を稼ぐことができるのです。

これまでは、会社にいなければお金を稼ぐことができなかったため、仕方なく周りに合わせていたという方も多いでしょう。

しかし、現代は、自由な生き方をする人が増えています。

社会に違和感を感じている人は少なくはないのです。

そう感じているあなたが、まずは先陣を切って、自由になるための準備をしていきましょう。

まとめ

社会不適合者の特徴

  • 協調性に欠けている
  • 会社での業務が無意味だと感じる
  • 自分の都合を優先したい
  • 注意されるのが苦手
  • ルールを守れない

ここまで、社会不適合者の特徴、社会不適合者に合った働き方を中心に解説してきました。

もし、みなさんが、会社に行くのが本当にストレスだと感じているのであれば、是非自分のスキルを磨くことをオススメします。

世の中の人は、よりリアルな話を求めているのです。

あなたが持つ経験は、きっと誰かが求めている情報です。

これからの時代に乗り遅れないように、思い立ったらすぐに行動しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社員のときに副業でライターを始め、1年で独立。
Gallup認定ストレングスコーチを取得。

コメント

コメントする

目次